2016年11月27日

呼吸が止まったら…

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 昨日四十九日を済ませたお宅からの電話が鳴った。
 「少しお教えいただきたいのですが…」と、何やら話しにくそうなご長男の声が聞こえた。

 78歳で亡くなられたお母様は、十二単の着付けをされたり茶道も嗜んでいらした方で、昭和天皇即位の際には皇居に上がられてお茶のお持て成しも手伝われた方だった。

 「実は、母が亡くなる前の病院で、生体モニタに異常があって看護師さんに告げたところ、呼吸が止まったらドクターを呼びますと言われて…」と、口ごもるように仰った。ご臨終の後、その看護師さんは「配慮が足らない発言でした」と謝罪されたというのだが、そのことを自分の中でどう消化していいかわからないご様子だった。

 実家で老人ホームもやっているので、看護師やドクターとのお付き合いもあり、どのような様子か多少の想像はつく。おそらくこれ以上の処置はできないという状態で、いつその時が訪れてもおかしくない状況だったのだろう。それにしても、家族にとってみればいつまでも生きていてほしいと思うのが人情なのもよくわかる。

 「何を言えるだろうか…」
 このような時には、いつもそう思う。

 咄嗟に思い出したのは、よくお通夜でする「三つのことば」の話と、救急救命士マシュー・オライリーの話だった。

 人はいろいろと失敗もするが、その瞬間瞬間でその人なりに精一杯のことをしている。そのことさえも自らのこととして全て受け止めて、人は肉体を離れるに違いない。私にはどうしてもそのように思えるのだ。

「三つのことば」⇒クリック



マシュー・オライリー「私は死ぬのでしょうか?」


IMG_8307.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

森になる Presents ディナー&トーク:やんちゃジジイの生き方・逝き方〜ジャンフランコ・シモーネのスタイル〜

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


2012年より毎年東京で開催してきた「森になるシンポジウム」、今年は富士山の麓でディナートークイベント。

やんちゃジジイのためのライフスタイル誌「マデュロ」の表紙モデル、ジャンフランコ・シモーネさんと一緒に、シニアの生き方・逝き方を考えてみませんか?お洒落な歳の重ね方を考える機会に…
フランコの、ふだん聞けない深いい話が聞けるかも!?
美味しいナチュラルフードバイキングとイタリアンワインで、お洒落なひと時をお過ごしください。

日時:2016年11月26日(土)18:00-21:00
場所:ナチュラルレストラン コンブリオ(富士吉田)
参加費;¥6,000.
申し込み⇒こくちーず
問い合せ⇒メール

◉ご参加の方は、ちょっとお洒落してお越しください。

・ジャンフランコ・シモーネのサイト⇒クリック

IMG_1548.PNG


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

不明の逝去日

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 昨晩のことだ。 そろそろ床に入る準備をしようかと、片付け始めたところに電話がなった。ときどき依頼のくる葬儀社からだった。この時刻の電話。おそらく急で困っているのだろうと電話にでると、案の定明日の午後だという。しかも場所は静岡県の裾野市だ。午前は川越での仕事がありすぐ断ろうと思ったが、とても困った様子だったので、いつも名代(みょうだい、代理)を勤めてくださる上人に当たってみると一旦電話を置いた。
 残念ながら明日は仕事が入っているとのことだった。断りの連絡をするつもりでダイヤルしたが、開始時刻と住所を詳しく聞いて、移動時間を調べるとギリギリ間に合いそうだったので私が引き受けることにした。

36歳の男性の、非常に簡便なお葬式の依頼書が届いたあと、すぐまた電話が鳴った。「ご逝去日がわからないので、明日現地でお伝えします」とのことだった。人の最期は本当に様々だと思いながら、遺族であるご両親と連絡先となっている妹様の心中を察した。
 夜遅いが、一時も早い方がいいと思い電話でご挨拶をした。明朝豊田市を出て裾野市に向かわれるとのことだった。

 川越での法要を済ませて圏央道から東名を抜けると、裾野市の斎場に思ったより早く着いた。しばらく待っていたところに葬儀社の車が到着した。顔つきが重苦しく暗いのは当然だろう。葬儀社の方のお仕事も想像以上にたいへんに違いない。
 まだ時間が少しあったので、待合室でご両親と妹様とに少しお話させていただいた。いくつかのお話をすると、お母様と妹様の目から大粒の涙が溢れ出た。私より少し年上に見えるお父様はというと、まだ事態を受け止めきれず何をどう考えていいのかというご様子で、目が宙を泳いでいるような面持ちだった。
そういえばまだご逝去日を聞いていなかった。棺の前に立つと白木の位牌には「平成二十八年九月」とだけ書かれてあった。

 私たちはどんなことも、最期にはすべてを受け止めなければならないときを必ず迎える。その予行演習のためにだけ、私たちは生きているのではないかとさえ思えることもある。

 そういえば小学生のころ、父が私にこう教えてくれた。「自分でないものを自分だと思い込んでいることから苦しみが生じるのだよ」と。
そのときはまったく意味がわからなかった。
 「私はこのように生きて来た。これが私なのだ」と、多くの人が考えているが、それはすべて思い込みだと今ならわかる。それは「私」のまわりに着いている習慣や、ある価値観や、これまでの体験から来る対処法であったりするだけで、それが「私」であるわけではないのだ。

 それを離れた先に待っているのが、絶対的な静寂である「私」なのだ。
 父の「私」は、私の「私」にそれを伝えようとしてくれていたに違いない。

裾野市斎場.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 11:18| 東京 ☀| Comment(1) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

第2回「心・体・魂を整える合宿セミナー」講師出演

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


長年の癌看護の後に、海外研修で心と体と魂の三位一体のホリスティック医療に関心を寄せた中ルミさんは、アロマやヒーリングなどの代替療法を取り入れたルミナス訪問看護ケアステーションとルミナスヒーリングサロンを立ち上げ、精力的な活動を展開していらっしゃいます(NPO法人国際ヒーリング看護協会理事長)。

昨年から「心・体・魂を整える合宿セミナー」を、山梨県北杜市のみずがき山リーゼンヒュッテで開催され、今回の第2回目に講師として参加させていただくことになりました。

今回は、愛を謳う銀河系型Happy Shaman A-sha Mai Yamane(山根麻以)さん、国立音楽大学声楽科ご出身のヴォイスヒーラー、クリスタルボウル奏者の野村節子さんもリードにご参加くださいます。

お知らせ⇒クリック

ルミナス山梨2016115-6表.jpg

ルミナス山梨2016115-6裏.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

【報告】森になる富士忍野サマーアカデミー2016

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 当初一週間で計画していたが、スポンサーがなくなったので、ギフトで参加してくださる講師のみでの二日間とし、クローズで開催することとした。

 参加者は講師を含めて12名。コンセプトは「リーダーたちのリトリート」を標榜し、テーマは「二元対立を超えて」という内容とした。
 宿泊は忍野八海そばの民宿「大橋荘」にお願いし、朝のヨーガも大橋荘の広間をお借りした。メイン会場は忍野村生涯学習センター2階研修室と多目的ホールを使用。二日目のボディワークは多目的ホールを使用し、広々とした空間で生演奏も交えてのワークとなった。講師相互の学びにも大きな意味があり、予想以上の内容となった。

 終了翌日は、もう一泊した藤田一照氏の座禅会があるという長野県別所温泉の女神山ライフセンターまでお送りし、車中と温泉で様々な意見を交換し大変有意義な時間となった。女神山ライフセンターは、縁あって開設前にも訪れ、アートセラピーのワークショップでも5泊したことがあったので、センター長夫妻との久々の再会は懐かしくもあった。

16SAプロフィール.jpg

富士忍野サマーアカデミー2016 スケジュール (1).jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

座禅、瞑想をすると見えないものが見えてしまうのですが…

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


先日もそのような質問を受けた。その時は私よりも専門の方がいらしたので、軽く受け流したが、いちどきちんと解説しておこうと思う。

まず、日常的でないことをすると、日常的でないことが起きるのは当然なのである。それを特別なこととして、追い求める人もあるようだ。すなわち、予知や霊能といった特殊な能力と思い込むのだ。しかし、そのことに取り合ってはいけない。それは、禅の世界でも「魔境」と呼ばれ、退けられて来た。道元禅師の墓の回りには、小さな石がたくさん取り囲むように並んでいるが、それは魔境に入って発狂死した弟子の墓だと聞いたことがある。

サマーディ(禅定)に入り始めると、心に様々なことが脈絡なく浮かんだり、いろいろなことが見えたり、音や声が聞こえて来たりするが、それを眺めている自分を眺めるというスタンスが肝要なのだ。ヨーガ哲学などでは、それを「観照者」と呼ぶことがある。

また、ヨーガ哲学では馬車の喩えがある。放っておくとどこまでも行ってしまう馬には、手綱をつないで御者の手にしっかりと持たせる必要があると説く。馬車は私たちの身体に喩えられ、軛(くびき)でしっかり馬とつなぐ。御者は理性を表し、心を含めた感覚器官を統御するのだ。そしてその後ろに座っているのが「私」だと喩えられる。

現代風に言うと、ガンダムに乗って操縦しているとイメージするとわかりやすいかもしれない。

image.jpeg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

脳波の共振ー静寂の共有 with four dogs.

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


そのお宅は、90歳ので亡くなったお母様の初盆に、たくさんのご親戚が集まっていらっしゃった。室内で犬を4匹も飼っていらっしゃる所に多くのお客様、犬たちも興奮気味でワンワン、キャンキャンとたいそう賑やかだった。

いつものように先に法話をさせて頂いて静寂の意味と大切さをお伝えし、読経を始める。儀式の心構えを先にお伝えしてゆったりとした呼吸で読経に入ると、脳波が共振するかのように室内の空気が一変し、深い静寂が訪れるのだ。

読経が終わり、全員が手を合わせて頭を垂れる瞬間には、部屋は間違いなく圧倒的な静寂に包まれる。

終わってご挨拶をすると、ご主人が「犬たちが静かだね…」と奥様に呟かれた。「あら!ホント、ずいぶん静かだこと」と、全員が驚いていらした。

静寂は、子どもだけでなく、犬たちにも伝わるものなのだ。
その静寂の中にこそ、心の平安、安らぎがあり、その平安の中でご先祖様と再会することができるのだ。

image.jpeg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

森になる富士忍野サマーアカデミー2016

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


今年から展開している「森になる富士忍野フォーラム」、第8回目は各分野トップの豪華な講師をお招きし、「富士忍野サマーアカデミー」として開催します。

「Non-Dualismー二元対立を超えた地平の夜明け」(仮)
プログラム詳細
◆8/17 (水)「西洋/東洋ーマインドがもたらすDualismを超えて」
14:00-14:15 会場(生涯学習センター研修室1)オープン〜オープニング
14:15-15:00 吉川宗男 :メビウス理論がもたらす統合への道
15:00-15:45 橋爪謙一郎:グリーフの超越
15:45-16:00 休憩
16:00-16:45 河野秀海 二元対立を超えるデヴァイス「森になる」
16:45-17:45 鼎談&フリートーク 吉川宗男+橋爪謙一郎+河野秀海

◆7/18 (木)「西洋/東洋ーBodyがもたらすNon–Dualismの静寂」
04:30-06:00 暁観月茶会+天女舞ほか(二十曲りにて)
07:00-08:00 齋藤素子:西洋医学とヨーガ(忍野・大橋荘にて)
08:00-09:00 朝食(忍野・大橋荘にて)
  *生涯学習センターへ移動 場所:生涯学習センター研修室1
10:30-11:15 藤田一照:仏教のアップデート/人類意識のアップデート
11:15-12:00 鼎談 藤田一照+齋藤素子+尾崎真奈美
12:30-14:00 昼食・休憩
14:00-16:00 藤田一照:ボディワーク With A-sha Mai Yamane
16:00-16:45 まとめのフリートーク
16:45-17:00 クロージング〜終了
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
富士忍野サマーアカデミー:講師プロフィール(順不同、敬称略)

【吉川宗男】
Ph.D.哲学博士。ハワイ大学名誉教授。一般社団法人森になる名誉顧問。IMGSグラジュエイトスクール(日本)学長。ハワイ大学ビジネススクールと日米経営科学研究所(ハワイ)合同MBAプログラム教授。独自のメビウス論を基に教育、経営、健康、環境など広い分野で活躍。大学院の経営に携わる一方、日本企業や多国籍企業向けのリーダーシップ研修、マネジメント研修を積極的に行っている。著書:「出会いを哲学する」(南の風社)「病気に強くなる生き方のヒント」(石原結實との共著)
【藤田一照】 
曹洞宗僧侶、国際布教使。翻訳家。曹洞宗国際センター2代所長。1985〜86年、明光寺僧堂で修行ののち、翌年国際布教使に就任、マサチューセッツ州バレー禅堂に赴任し、禅の指導を18年間行う。2005年に帰国し、2010年曹洞宗国際センター所長に就任。著書・共著書:『現代坐禅講義 - 只管打坐への道』 佼成出版社、2012年。『アップデートする仏教』(山下良道との共著、幻冬舎新書)ほか。翻訳:『禅への鍵』(ティク・ナット・ハン著、春秋社)ほか多数。

【齊藤素子】 
医師、医学博士、全米ヨガアライアンス300時間認定ヨーガセラピスト、 全米ヨガアライアンス500時間認定ヨガインストラクター。現代医学でカバーしきれない部分と、体のみの治療で心のケアがされていない外科の問題点に疑問を感じ、Yogaを医療に結び付けたいと考え準備を始め、2008年よりカイヴァリヤダーマ研究所(Kaivalyadhama Yoga Institute)のティワリ先生よりプラーナーヤーマを学びつつ、2011年4月福井で、医療とヨガをテーマにしたコンセプトスタジオYoga & Wellness Chandraをオープン。国内で様々な講座を精力的に展開している。

【尾崎真奈美】 
東京大学大学院教育学『研究科博士課程』ののち、ペンシルバニア大学医学部精神科・東京大学医学部公衆衛生学教室客員研究員を経て、現在は相模女子大学人間社会学部人間心理学科教授。米国サーチインスティチュート、スピリチュアリティ発達センター客員研究員。一般社団法人 森になる 専門委員。インテグラル心理学・スピリチュアリティ論・芸術療法などを教えながら研究、ダンス、執筆活動を続け、科学と芸術の統合を試みる。著書に「スピリチュアリティーとは何か」「自分を超えていく心理学」(以上ナカニシヤ出版)「ウィルパー・メッセージ奇跡の起こしかた」(グラフ社)「魂の恋愛〜プラトニックラブを超えて〜」(ベストセラーズ)

【橋爪謙一郎】
カリフォルニア州エンバーマー、フューネラルディレクター。一般社団法人 森になる 専門委員。日本トランスパーソナル学会常任理事。アメリカでの葬祭業における実務経験と知識を持つ、グリーフサポートおよびエンバーミング普及の第一人者。2004年有限会社ジーエスアイ(現、株式会社)を設立し、遺族サポートを担う人材を多く輩出している。著書:「エンバーマー」(祥伝社)、「お父さん、「葬式はいらない」って言わないで」(小学館)

【A-sha Mai Yamane】
愛謳い。NPO法人 石鎚・森の学校「千年の森を創るために」理事。山根麻衣名義でメジャーレーベルから10枚の作品を発表後フリーランスに。人間の本質が愛と喜びであることを体験し、東京を離れ活動拠点を富士山麓に。現在は「アーシャ・ジョイ・メソッド」と呼ばれるユニークでシンプルなオリジナルメソッドを柱に、喜びの波動を宇宙に広げる術を研究している。ディスコグラフィ:「やさしいきもち」「祈りの唄」「Bird of Paradise」「きみを愛してる・輝きの音」(以上New Archaic Sounds)ほか多数。

【河野秀海】
浄土宗僧侶。一般社団法人 森になる 代表理事。日本トランスパーソナル学会理事。インド中央政府科学技術省公認ヨーガ療法師。
沖縄が日本に復帰したころ、離島の洞窟で瞑想や断食、ヨーガなどの修行をしながら約1年あまり暮らし、1970年代後半日本に入ったばかりのワークショップに出会う。1990年代に八ヶ岳で二泊三日のリトリートを、製材所に勤めながら25回連続で企画・開催。 やまなし環境教育グッドプラン賞受賞。現在は浄土宗僧侶として法務を務めながら「森になる」の活動を富士北麓で進める。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お申し込みはこちら⇒こくちーず

16SAプロフィール.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

静寂の共有 with 7歳

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 今日の一周忌は、昨年亡くなった2歳のお嬢様宅だった。昨年お伺いした時も、小学校1年のお兄ちゃんは落ち着いて座っていられずにずっとゴソゴソと、足を伸ばしたり横座りしたりため息をついたりしていたのを思い出した。

 今回はお兄ちゃんのお名前を聞いてコミュニケーションを取り、静かでいることの大切さをご両親と、お二人のそれぞれのご両親に向かってゆっくりとお話した。お話したと言っても、話の内容よりも「静かでいる」ことをお兄ちゃんに伝えたかったのだ。

 お茶の稽古に行ったある日、お母様と10歳の女の子が見学に来ていらっしゃった。稽古が一段落したころ、女の子がお母様に「なんでこんなに静かなの?」と小声で囁いたこともお話した。

 知識としての理解ではなく、どんな小さな子でも空気を読むことをお話するころには、いつの間にかお兄ちゃんは静かに座って聞いていた。聞いていたというより、同じ静寂を味わっていたと表現する方がいいかもしれない。その後お経を上げ、振り向いてご挨拶をするまで、ゴソリとも動かないでいたお兄ちゃんに、お母様は驚いていらした。

 お経を終えて、仏様に向かって最後のご挨拶をしている時は、ヨーガの最後のシャバーサナと同様の、茶席と同質の静寂が必ず訪れる。その静寂はどんな幼い子にも、時には室内の犬や猫にも確実に伝わるのだ。

合掌.jpg

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

お葬式体験フォーラム:第7回森になる不二忍野フォーラム

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 滅多に参列することのないお葬式。核家族化が進んで、身内のお葬式も昔のようには多くないかもしれません。
 今回の「森になる不二忍野フォーラム」では、お葬式の真髄を開基430年の寺に生まれ育った河野秀海がお伝えします。

 自分自身の、あるいは大切な人の、またはすでに亡くなった方のお葬式を体験していただきます。
 導入部では先に逝く方の最後のメッセージを読み解き、お焼香の意味や作法、生死の先などについてお話します。

 死を見つめて生を解き放つ。まだ整理がついていない心が方向付けされ、あなたの人生が輝きに満たされることでしょう。

◯日時:2016年7月20日(水)18:00-20:00
◯場所:忍野村生涯学習センター2階「第2研修室」
◯参加費:ギフト*(いくらでも)
 参加費は設定していません。あなたの参加費は前回の参加者が出してくださっています。
 次の参加者のためにギフトとしてお志をお預けくだされば、喜びが広がっていくと思います。
 当日簡単に説明します。

◯お申し込み:クリック⇒こくちーず

FOF7大.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

第5回「森になる不二忍野フォーラム」は『水の祭典』の後援

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 イタリアより約40名のゲストを迎え、水への感謝を捧げるイベントが開かれます。
 主催は「富士山プロジェクト」(根本泰行・尾崎真奈美)。

◯日時:2016年5月22日(日)13:00-16:40
◯場所:忍野村民ふれあいホール
◯参加費参加費:千円
◯申込先:03-3868-0216 メールアドレス:yasuyuki.nemoto@hado.com

・倭瑠七に夜倭巫女舞
・忍野村長歓迎挨拶
・尾崎真奈美講演「水の美しさを通じた異文化理解と平和」
・根本泰行講演「今、明かされる真実の水の姿」
・イタリアからのメッセージ
・瀬戸龍介+花世「水の詩」

水の祭典チラシ.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

第4回森になる不二忍野フォーラム報告

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


とき:4月22日(金)午後7時より8:45
ところ:忍野村生涯学習センター研修室B
テーマ:グローバルビレッジ富士忍野2035に向けて
解説:尾崎真奈美(相模女子大学教授)
ファシリテーター:丸山高弘(山中湖情報創造館館長)
参加費:ギフト
概要:20年後の未来、あなたはどこで何をしているでしょうか?どんな未来を創造したいですか?グローバルビレッジ富士忍野2035(相模女子大学と忍野村の連携研究実践プロジェクト)では今年度、未来を描いたショートムービーを作成します。第一弾としていろいろな年代層のいろいろな立場の方が描く未来像をどんどん出し合って、見える化します。未来の自分や世界を発表したり即興で演じたりする中で,希望とワクワクが全身に広がって実現していく事を実感しましょう!
目的:未来は自分たちの描くイメージによって実現していく、という仮説に基づいて、明るい希望に満ちた世界のビジョンを具体化する事により、未来を想像していきます。未来は今ここにある!イメージして表現する事によりここに現れでる未来を一緒に体験していきましょう。
手法:オープンダイアログ・ワールドカフェ・即興劇ほか
タイムテーブル:
受付     6:45〜
挨拶     7:00〜 森になる代表 河野秀海
解説     7:10〜 未来学的アプローチ他ミニ講義 尾崎真奈美
ワーク    7:30〜 ワールドカフェ   丸山高弘
振り返り発表 8:30〜

◆音声記録⇒クリック

fof4.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

棲み分け理論の勘違い

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 京大名誉教授故今西錦司博士が提唱した棲みわけ理論が、ビジネス界で語られるようになって久しい。ニッチという語も、この理論から生まれた言葉だと聞いたことがある。基本的には、価値観や業種の違う人や企業が、それぞれのサバイバルのために棲みわければいいという解釈である。その表現にも確かに一理ある。
 また、違う価値観の人同士についても「棲み分けが大事」という表現も聞くことがある。価値観の違う人とは距離を置いて関係性を持たない方が互いに上手く行くという訳であろ。

 しかし、このポイントをいま一歩深めてみたい。まず、今西錦司博士が提唱したのはある切り取ったビオトープの中で、それぞれの種が与え合って互いに生命を支えているという調和にアクセントを置いた世界観であったと記憶している。棲み分け理論は、闘って奪い合い環境に適した種が生き残るーすなわち適していない種は滅びるという弱肉強食の世界観とは対極にあり、また関係性を持たないという理論ではなく与え合うという関係性にあるという理論ではなかっただろうか。

 また、すべてがつながっていることを前提とした場合、関係性を持たないということは不可能であり、これほどまでに多様化した現代にあって、地球上で棲み分けるというにはこの星は狭すぎるのは明白である。

 そこで必要なのは、自分のこれまでの価値観の変容と、日本神話の国譲りに見られる精神ーすなわち与えて譲り互いに生かすという智慧なのではないかと思えるのである。

image.jpeg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月「第3回森になる不二忍野フォーラム」お知らせ

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 今年1月にスタートした「森になる不二忍野フォーラム」、2月の第2回もお集まりいただいた皆さまのおかげで素晴らしい盛会となりました。
  「森になる不二忍野フォーラム」は、「まなび、あそび、よろこび」を分かち合う、とても素敵な場です。第3回は子供たちの素晴らしい潜在能力を引き出している村松大輔先生に来ていただきます。

◾️プロフィール
 「子供たち自身が生まれてきた意味を知り、自己肯定感を高め、自分自身の才能に気づき、その才能を仕事として世の中の役に立ち、イキイキと生きることで世界を明るく元気にしよう!そのような人々が世界中に広がることで世界が平和になる。
 このような思いで、群馬県沼田市で小中高生の塾「数学・能力開発塾『開華』」を設立。短期間で子供たちの能力が開き、東大・早稲田・津田塾・東海大医学部合格など驚くほどの成果をあげる。

◯テーマ:「量子力学と世界平和」量子力学の世界で「意識」の研究が進んでいます。ミクロの世界がマクロの世界に及ぼす影響と、私たちの生き方についてとてもわかりやすくお話しくださいます。

・日時:2016年3月23日(水)19:00〜21:00
・場所:忍野村生涯学習センター2階研修室
・参加費:ギフト(*注)
・問い合わせ・申し込み:morininarusalon@gmail.com ファックス:03-674-09949
こくちーず:http://kokucheese.com/event/index/378635/

 *注:参加費はギフトです。あなたの参加費は1月の参加者が出してくださっています。次の参加者のためにギフトとして志をお預けくだされば、喜びが広がっていくと思います。当日詳しくおしらせします。

◆3月の「観月茶会」は、同日3月23日(水)15:0-16:0に、忍野村生涯学習センター2階和室にて開催いたします。

image.jpeg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 08:34| 東京 ☀| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

2月森になる不二忍野フォーラム:報告

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 前日の天候からは創造できない快晴に恵まれ、「第2回森になる富士忍野フォーラム」が開催された。
 ランチボックスは美徳杜の永野眞弓さんがギフトで提供してくださり、美徳杜のスタッフの方々が配送や片付けまでしてくださった。会場のガラス張りからの神々しい富士山を眺めながら生涯学習センターのラウンジで頂き、午後のフォーラムへとスムーズに移行した。

・日時:2016年2月21日(日)
    10:00-11:30 2月観月茶会
    12:15-16:30 フォーラム
・場所:忍野村生涯学習センター2階和室および研修室
・内容:
 10:00-11:30 2月観月茶会
 12:30-13:20 松浦貴昌:「これまでの貨幣経済とこれからのギフト経済」
 13:30-14:20 コックス 理恵子:「ヨーガと瞑想の真髄」
 14:20-14:40 休憩
 14:40-15:30 尾崎真奈美:「スピリチュアリティとは何か」
 15:40-16:30 河野秀海:「森になるー真の幸せを実現する千年つづく文化の提案」
・参加費:ギフト
  *注:参加費はギフトです。あなたの参加費は1月の参加者が出してくださっています。次の参加者のためにギフトとして志をお預けくだされば、喜びが広がっ
ていくと思います。

◯観月茶会
 参加者:6名
 初めて使う茶室と茶道具で、お抹茶を細くする抹茶篩にお茶を入れたまま蓋が開かないというアクシデントにも拘らず、ゆったりとした時間と深い静寂を分かち合い、日本古来のサロンとも言える茶会の醍醐味の一端を味わった。

IMG_9428.jpg

IMG_9493.jpg


◯フォーラム
 参加者:14名
・松浦貴昌:「これまでの貨幣経済とこれからのギフト経済」
 2010年にインド系アメリカ人Nipun mehta(ニップン)氏が提唱したレストラン「カルマキッチン」を日本で展開。ドネーション、寄付行為との差異は、その見返りを求めないこと。「ギフト経済」のいちばんの目的は、それに関わる人の意識の変容にあり、お金の流れはその手段である。日本人はギフトをもらったらお返しをしないといけないという習慣があるため、慣れにくい傾向があると思われる。そのために誰がいくらギフトしたのかわからないようにする配慮も重要である。

・コックス 理恵子:「ヨーガと瞑想の真髄」
 コックスさんのヨーガと瞑想のルーツは、アップルの創始者スティーブ・ジョブズのiPadに蔵書されている唯一の愛読書ともいわれる「あるヨギの自叙伝」の主人公パラマハンサ・ヨガナンダにある。瞑想に対してさまざまな見方があるが、日常的に感じられる効果として心が落ち着き前向きになりやすく、思考もクリアになることがあげられる。最近多くの企業で取り入れられ出したのも、実際に営業成績が向上することが実証されているからである。

・尾崎真奈美:「スピリチュアリティとは何か」
 大学の心理学講義15時間分を一時間でまとめあげた内容。フロイトからユングの心理学、行動主義心理学から人間性心理学、そしてトランスパーソナル心理学への心理学発達史を踏まえて全体を俯瞰し、今後の心理学発展の方向性までもが示された。人間の病理に焦点を当てた心理学から、人間性を高める人間中心の心理学、そしてさらには人間を超えた地球中心の心理学、宇宙中心の心理学にまで話題が及んだ。

・河野秀海:「森になるー真の幸せを実現する千年つづく文化の提案」
 森になるは宗教でもなく、墓地を作ることが目的でもないという話に始まり、森の墓地創造を手段として死を見つめて生を輝かせる仕掛けとなる点が強調され、富士山北麓での展開がイメージされやすいプレゼンテーションであった。多くの参加者にとっても話題が身近に感じられ、大きな共感を呼んだ。

IMG_9440.jpg

IMG_9479.jpg

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

posted by Shukai at 14:46| 東京 ☁| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする