2015年04月17日

茶道の作法は合戦場で練り上げられた?

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 家康が大敗したことで有名な三方ヶ原の戦いで、浜松城に戻った家康は自の戒めのために苦渋の表情の肖像画を描かせ、これが現在徳川家康三方ヶ原戦役画像、通称「顰像(しかみぞう)」として残っている。一説によると、命からがら逃げ帰った家康は馬上で脱糞し、家臣にそれを指摘され「これは焼き味噌だ」と言ったとか言わなかったとか…

1.jpg
家康の顰像


 かつての戦争は、大将自らが甲冑に身を固め、先頭を切って合戦場に繰り出したまさに命がけの場であった。何万人もの雑兵を抱えるそんな中で、トップの人間がパニックにでもなれば軍隊は散り散りである。そのような状況の中で、どう平常心を保つか。その一点に勝敗は掛かっていたといっても過言ではないだろう。

 広大な合戦場を挟んで、敵が向こうの丘の上に陣を張っているそのこちら側で陣を張り、そこで茶を点てるのだ。以前は「昔の戦争はのんびりしていたんだなぁ」と思ったが、そうではないのだと茶の稽古をしていて気がついた。極度の緊張状態の中だからこそ、最期かもしれない茶に心血を注ぎ、世界の美を飲み干すのだ。
 作法の一挙手にすべてを集中して呼吸を深め、何物もない静寂の中へと潜行していく。プライベートな行である坐禅なども平常心を保つ優れた方法だが、茶道はグループで、ある意識状態へと到達できるのである。

 そのような状況の中で、茶道の作法が磨かれていったとは考えられないだろうか。生と死を同等の価値と捉え、それさえも超えたところにアイデンティティを求める日本文化の美学が、そのようにして練り上げられたと思われるのである。

photo_2.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

「メルマガ Shukai」
バックナンバー

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 08:50| 東京 ☀| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

森という祈りのクラウド

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 ある植物学者が、地球上の植物はすべてつながっていると述べていると聞いたことがある(1)。それがどういう経路で伝わったかは知らないが、かつてヒットしたディズニースタイルのSF映画「アバター」の中で、同様の台詞がそのまま語られていたのは記憶にも新しいだろう。
 その説の真偽は定かではないが、森の木々や畑の植物が香りで互いにコミュニケーションを取っているという研究は日本でもされている(2)ことを考えると、すべての植物がつながっているという仮説は、あながち突拍子もないことではないかもしれない。

 すべての植物がつながっていると仮定した場合、ある森を墓地として埋葬すれば、世界中どこの森で祈っても、その祈りは埋葬した森に届くとは考えられないだろうか。森になるでは、森という祈りのクラウドを提案したい。
 
 そもそも日本には両墓制という風習があり、地域によってはそれがいまも色濃く残っている地方がある。その習俗は明治時代に誕生したとされているが(3)、遺体を葬るいわゆる「捨て墓(埋め墓)」と、拝む対象としてだけの埋葬されていない「詣り墓(詣で墓)」である。遺体も遺骨も埋葬されていない墓を拝むというのは、そこに何か遺骨などがあるわけではない位牌を拝むのと共通する行為と考えられる。

 位牌も墓石も、開眼供養を行ってはじめて祈りが通じるという宗教感情が今もあることを考えると、森という祈りのクラウドを有効にするには開眼供養に代わる儀式が必要となると予想される。すなわち、新たなOSをアップロードし、正常な動作をするようにパスを整理する必要があるはずなのである。

植物の会話.jpg


(1)森林学者のスーザン・シマードの研究報告では、森の樹木が地面の下にネットワーク機能を持っており、種類が異なる樹木同士でもお互いに栄養を交換していることがわかったという。
また、樹齢500年ほどの樹木が死を迎える時、周りにある若い樹木にその栄養を譲り渡しているともいう。参考⇒クリック
(2)「植物の代謝コミュニケーション―植物分子生理学の新展開―」杉山 達夫・水野 猛・長谷 俊治・斉藤 和李編 2004年 共立出版
(3)「両墓制の誕生とその後ー明治期に成立した両墓制を考えるー」前田俊一郎 城成大学紀要論文 1996-03

20100718164022ee8.jpg
映画アバターより


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

「メルマガ Shukai」
バックナンバー

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 02:31| 東京 🌁| Comment(0) | 森になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。