2016年11月27日

呼吸が止まったら…

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 昨日四十九日を済ませたお宅からの電話が鳴った。
 「少しお教えいただきたいのですが…」と、何やら話しにくそうなご長男の声が聞こえた。

 78歳で亡くなられたお母様は、十二単の着付けをされたり茶道も嗜んでいらした方で、昭和天皇即位の際には皇居に上がられてお茶のお持て成しも手伝われた方だった。

 「実は、母が亡くなる前の病院で、生体モニタに異常があって看護師さんに告げたところ、呼吸が止まったらドクターを呼びますと言われて…」と、口ごもるように仰った。ご臨終の後、その看護師さんは「配慮が足らない発言でした」と謝罪されたというのだが、そのことを自分の中でどう消化していいかわからないご様子だった。

 実家で老人ホームもやっているので、看護師やドクターとのお付き合いもあり、どのような様子か多少の想像はつく。おそらくこれ以上の処置はできないという状態で、いつその時が訪れてもおかしくない状況だったのだろう。それにしても、家族にとってみればいつまでも生きていてほしいと思うのが人情なのもよくわかる。

 「何を言えるだろうか…」
 このような時には、いつもそう思う。

 咄嗟に思い出したのは、よくお通夜でする「三つのことば」の話と、救急救命士マシュー・オライリーの話だった。

 人はいろいろと失敗もするが、その瞬間瞬間でその人なりに精一杯のことをしている。そのことさえも自らのこととして全て受け止めて、人は肉体を離れるに違いない。私にはどうしてもそのように思えるのだ。

「三つのことば」⇒クリック



マシュー・オライリー「私は死ぬのでしょうか?」


IMG_8307.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。