2012年07月23日

三つのことば

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 老人ホームに勤めていたころ、入院したまま帰ってこないお年寄りを何人も見送った‥

 老人ホームのお年寄りは同じホームのお友だちが見送ってくれるが、病院の地下にある寒々しい霊安室で、誰もお焼香に来ない寂しいお葬式を執り行ったことが一度だけあった。

 誰かそばにいて欲しかっただろうに‥

 誰かに何か言いたいことがあっただろうに‥

 よくそのように思ったものであった。

 そして人は、その人生の最後に、自分の中で呟くことばが三つはあると思うに至った‥


 いろいろな人に対して、してあげたくて出来なかったこと‥

 そんな気持ちはないのにしてしまったこと、言ってしまったこと‥

  「ごめんね」


 そんな私を許してくれたこと‥

  「ありがとう」


 そして、最後は自分自身に‥

  「もういいよ‥」‥と、OKを出すに違いない。

 その時には、様々な思いが湧いて来るに違いない。
 しかし、もう何をどうすることも適わない。
 となれば、残された短い時の間に、人はすべてを諦め、そしてすべてを納得するとしか思えないのだ。

 人は、いつもその瞬間にOKを出さなければ次へは行けないものである。たくさんの方を見送るうちに、認知症の方でもきっとそうであるに違いないと思うようになった。そして最期の願いは、残された者の幸せだけを祈るに違いない。

 よくよく観察してみれば、私たちは毎瞬々々、生と死とを繰り返している。不連続の連続を生きているとも言えるだろう。 そう考えれば、そこには終わりもなければ、別れもない。在り方の変容、関係性の変容‥

 それだけなのかもしれないと思えてならない。

蓮 002.jpg
_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

森になる:PC HP
自らが森になり,自然と子孫を護る

メルマガ「Weekly Shukai」
バックナンバー


Apsara:PC HP
 心と体と意識を豊かに拓くプロデュース

プラーナ整体

ヨーガのお知らせ

ワークショップのお知らせ

アクセス

Facebook

Mixi

お問い合わせ
morininaru@gmail.com

   ↑クリック
_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 08:04| 東京 🌁| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]