2015年05月07日

大倉正之助氏との出会い「セイクレッドラン」

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 思い返せば、大倉正之助氏との出会いはアメリカインディアンの平和活動ーーヨーロッパでの「セイクレッドラン(聖なるランニング)」の第1回ミーティングが実家の寺で開かれた1989年だった。

 「セイクレッドラン」を主催したのは、AIM(アメリカインディアン運動)の英雄デニス・バンクスである。彼は1973年、アメリカインディアン居留地ウンデッド・ニーで71日もの間FBIと銃撃戦を闘ったリーダーの一人だ。これに抗議したマーロン・ブランドが、ゴッドファザーでのアカデミー賞受賞を拒否したのは有名な話だ。
 アメリカ全国民の90%がTV報道を見守ったといわれるこのニュースで、デニス・バンクスからの呼びかけが行われた。「もう白人になろうとしてもがくのはやめよう。我々は今日から、インディアンとして生きることを選ぶ。このニュースを見ているすべてのインディアン兄弟姉妹よ、ともにインディアンとしての道を歩もう!」

 アメリカインディアンにとっての「ラン」とは命をかけた伝令を意味し、マザーアースである母なる大地に自らの体と命を一歩一歩捧げる行為と捉えられている。「セイクレッドラン」ではラトル(鳥の羽根を付けた長いバトン)を手にしたランナーが走って次のランナーにラトルを手渡す。先に走ったランナーは搬送の車に乗り込んで休みを取り、次のランニング地点まで先回りしてランニングをつないでいくのだ。

 毎朝マザーアースに祈りを捧げ、自分たちの祈りや行為がこの世界をより美しくしていくことを誓い、儀式としての「セイクレッドラン」は始まる。1990年のヨーロッパ・セイクレッドランはロンドンから出発し、ヨーロッパ各国を走ってモスクワまでを完走した。

デニス・バンクス
Dennis Banks

アメリカインディアン運動
AIM

ウンデッド・ニー
Wounded Knee incident

マーロン・ブランド
1972年の『ゴッドファーザー』ではマフィアのドン、ヴィト・コルレオーネを演じアカデミー主演男優賞に選ばれるが、「ハリウッドにおけるインディアンをはじめとした少数民族に対する人種差別への抗議」を理由に受賞を拒否して話題となったが、これはウンデッド・ニー銃撃戦と同年であった。
Marlon Brando

セイクレッドラン.jpg


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/

<<リンク>>

森になる:PC HP

樹を植え自らが森になり大地をまもる

天龍院 千代田別院
歴史ある厳かな法要

「メルマガ Shukai」
バックナンバー

Facebook

コンタクト
shukai755@msn.com

↑クリック

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/
posted by Shukai at 07:11| 東京 ☁| Comment(0) | 祈り・儀式・佛教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]